正しいインターネット

サイバーな街 音楽

こんばんは、なぎです。

昨日は正しいインターネットの動画がドロップされました。見ましたか?見ましょう。

僕は金切り声を上げただけで、あとはにしくんが全部やってくれました。ありがとうにしくん。

正しいインターネットについて

この動画なんなんだ?

まず文脈について説明していこうと思います。

今回ドロップした動画は、N.I.C.K( Naked Identity Created by King)のギタリスト にしくん が作った曲に合わせて、様々なボーカリストが自由に叫んでいくという趣旨の一環で撮影されました。

現在アップされている動画は、観測できる範囲では以下のような感じです。抜けてたら教えてください。

ある日突然にしくんから4人の音源が送られてきて「なぎっちもやっちくり~」と誘っていただいたのがきっかけで今回の動画を撮影しました。

同じ土俵で戦ってはいけない(戦えない)

僕は結構まじめなので、すべての音源を聴きこみました。みなさん強烈なシャウトやグロウルで叫んでいるため、シャウトが出せない僕は「このままでは音源が録れない…」と鬱病になってしまいました。

さらに聴きこみを続けていると、法則性が見えてきました。

まず先に曲の構成について説明します。

フェードインのイントロ : 4小節
Aパート : 8小節
Bパート : 8小節

構成ですが
Aパートの頭に「ヴィイイイイイ…」というフレーズを入れる
Aパート5小節目の頭に「blah」フレーズを入れる。
Bパートに突入したら、Aパートとは違う叫び方をする。
曲が終わったら何かしらの言葉を(入れる人は)入れる。
というパターンが多かったです。

また、各叫びは特に歌詞が当てられてはいませんでした。

なのでこれらを全部無視すれば、鬱病から回復するのではないか?という仮説からスタートします。

Aパート

「blah」がどうしても強い音で出せなかったので、まずはここを無視します。

どうやって無視しようかを考えていたところ、ある曲を思い出しました。

Angel Of Death
エンジェオデッ!

Slayer の Angel Of Death です。

聴いたことが無い人はいないと思いますが、この曲の 0:19 から流れるマジヤバシャウトをパクれば何とかなるのではないか?と思いました。

しかし、これまでの人生で何度挑んでもトムアラヤのマジヤバシャウトの足元にも及ばなかったのを知っているため、上から下へ音程を移動させるのではなく、下から上へ音程を移動させるタイプで対応することにしました。しかし、これが原因で一回叫ぶと心拍数が140まで一気に上昇してしまうキツいフレーズになってしまいました。一日5回までしかやりたくないです。

Bパート

ここでは、Aパートとは違うアプローチが試みられています。このパートについて、リフは変わりませんがビートがダウンするので、アプローチを変えるのがベストと判断しています。

これまでの音源では歌詞がついたものがなかったので、歌詞をつけて叫ぶことにしました。僕は1パターンの叫び方しかできないため、なにかしらのアクセントとなるものが欲しかったためです。

歌詞を何にするかで悩みました。考えながらシャワーを浴びていると「正しいインターネット」というフレーズが頭の中に浮かんできたのでこれ軸に展開することに決めました。

ほかの歌詞も考えていたのですが、ある程度考えてもハマってくれるフレーズが出てきませんでした。「TCP/IPを介してのみつながる関係性」みたいなWebに関したフレーズとかも入れたかったんですが、どうしても入りませんでした。なので、このまま突っ切ることに決めています。

僕の叫び方は頭が悪そうに聞こえます。そして、何度も同じフレーズを繰り返すことでもっと頭が悪く聞こえるため、結果としては良かったと思っています。

最初はすべての小節ごとに「正しいインターネット」と叫ぶパターンだったのですが、後述する曲の終わりにも継続して「正しいインターネット」としつこく叫びたかったため、前半は半分だけにすることに決めています。

曲の終わり

前述の通り、しつこく叫び続けます。

この部分だけ叫ぶ言葉を変えるというプランもあったのですが、スベってしまう可能性があるため避けました。

曲が終わっているのにも関わらず叫び続けることで、さらなる頭が悪い感を醸すことができます。

にしくんありがとう

今回の企画に誘っていただいたにしくんには感謝してもしきれません。

4/4から N.I.C.K と一緒にイベントをやっていくので、いまから楽しみですね。

追記

鯖さんの自由に叫ぶやつも追加されました。

前ちゃん
前ちゃん

正しいインターネットは存在しない